スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルース・リー - 香港文化博物館、李小龍展 -

ブルース・リー
12 /10 2016
香港 Sha Tin にある香港文化博物館を訪問。

2013年7月20日は没後40年にあたり、
2018年7月20日までの
期間限定で香港文化博物館において
映画の衣装やアクションシーンのスケッチなど
映画関連をはじめ、家族にあてた手紙など
ブルース・リーゆかりの品、約600点を展示する
『武‧藝‧人生 ─ 李小龍』展が開催されている。

直筆の映画制作ノート、詩、絵、撮影に使用された
小道具/衣服、ブライベート写真等々、コレクション数では
他に例を見ない。 映画で使用されてヌンチャクや
「死亡遊戯」で着用していた黄色のジャージ
も展示してあった。 

そのほか、プライベートで使用していた
衣服やサングラスなどなど、
娘のシャロン・リーが全面協力している
だけあって内容は相当、充実している。

展示面積は、850平方メートル。 
ここはファンならずとも
一見の価値があると思う。

残念ながら展示物は撮影禁止だった。

s1


s2


s3


s4


s5


s6


s7

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スマイルKK

趣味:マニアック且つ良い意味でクレイジーに生きた人物を探すこと!

*写真は「燃えよドラゴン」のロケ地である香港・青山寺にて撮影。
有名な「Don't think. Feel!」(あれこれ考えるな。感じとれ!)
のセリフを残した場所。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。