ブルー・スリー - 香港・油麻地にあるクラブ・ショップ -

ブルース・リー
12 /10 2016
香港で、ブルース・リーに
関連した場所を紹介。

■ブルース・リー・クラブ・ショップ
Bruce Lee Club Shop
最寄駅: MTR油麻地駅
様々なグッズが買えるショップ。
貴重なお宝品も店内に展示していた。

f3
このビルの中に店舗がはいっている。


f1
ショップ内の展示ケース。


f2


スポンサーサイト

ブルース・リー - 香港文化博物館、李小龍展 -

ブルース・リー
12 /10 2016
香港 Sha Tin にある香港文化博物館を訪問。

2013年7月20日は没後40年にあたり、
2018年7月20日までの
期間限定で香港文化博物館において
映画の衣装やアクションシーンのスケッチなど
映画関連をはじめ、家族にあてた手紙など
ブルース・リーゆかりの品、約600点を展示する
『武‧藝‧人生 ─ 李小龍』展が開催されている。

直筆の映画制作ノート、詩、絵、撮影に使用された
小道具/衣服、ブライベート写真等々、コレクション数では
他に例を見ない。 映画で使用されてヌンチャクや
「死亡遊戯」で着用していた黄色のジャージ
も展示してあった。 

そのほか、プライベートで使用していた
衣服やサングラスなどなど、
娘のシャロン・リーが全面協力している
だけあって内容は相当、充実している。

展示面積は、850平方メートル。 
ここはファンならずとも
一見の価値があると思う。

残念ながら展示物は撮影禁止だった。

s1


s2


s3


s4


s5


s6


s7

ブルース・リー - ゆかりの地を訪ねて、King's Parkの階段 -

ブルース・リー
12 /10 2016
香港 MTRの油麻地駅から徒歩5分の
ところにあるキングスパークの階段。

ここは、ブルース・リーこと李小龍が幼少時代、
父と共に武術の鍛錬に励んでいた場所である。

階段は約400段あり、急勾配、ここで、うさぎ跳び等、
クンフーの修行をし強靭な肉体を作り上げた。

運動がてら登ってみたが相当きつかった(汗)。

頂上はグランドになっていた。

y2


y1


y3



y4


y5


y7



香港から深せんへは、
福田口岸を通って移動する。
香港のイミグレーションを
抜けたところで
足止めをくってしまった。
どうやら、深せん側で
厳重なスマグル(密輸)
の取り締まりをやっているみたいだ。
いつもならスムーズに通れるのだが、
この日は、イミグレを通過するのに
3時間くらいかかってしまった。



y8


y9


y10

ブルース・リー - 香港・青山禅寺 「燃えよドラゴン」ロケ地を訪ねて -

ブルース・リー
12 /10 2016
自分は、ブルース・リーのファンだ。

現在、住んでいる深せん市福田区
から香港へは、福田口岸という
イミグレーションを通って歩いて行ける。

今回は、2016年に香港で
訪問したブルース・リー
ゆかりの地を紹介する。

<基本情報>
ブルース・リー
(李小龍、Bruce Lee、出生名:李振藩)
1940年11月27日 - 1973年7月20日

サンフランシスコ中華街生まれの
中国人、香港人、中国武術家、武道家、
香港の俳優、脚本家、映画プロデューサー。

截拳道(ジークンドー)を創始した
マーシャルアーティストとしても知られる。

墓碑銘は『FOUNDER OF JEET KUNE DO』。

リンダ・エメリーとの間に一男一女。

息子は故ブランドン・リー、
娘はシャノン・リー、
孫娘は、レン・キースラー。

<代表作>
『ドラゴン危機一発』
1971年、原題:唐山大兄 THE BIG BOSS。
1971年10月31日~11月22日 3,197,416香港ドル、
香港では『サウンド・オブ・ミュージック』や
『残酷ドラゴン・血斗!竜門の宿』を破る最高記録。
日本では1974年の洋画部門の興行収入第4位、6億円。

『ドラゴン怒りの鉄拳』
1972年、原題:精武門 FIST OF FURY。
日本では1974年洋画部門の興行収入第4位、6億円。

『ドラゴンへの道』
1972年、原題:猛龍過江 THE WAY OF THE DRAGON

『燃えよドラゴン』
1973年、原題:ENTER THE DRAGON 龍争虎闘。
日本では1974年洋画部門の興行収入第2位、16億4200万円。

『死亡遊戯』
1978年、原題:死亡遊戯 GAME OF DEATH


■映画 「燃えよドラゴン」の冒頭部分のロケ地:香港にある青山寺。

アクセスは、香港のMTR(鉄道路線)
屯門駅からタクシーに乗って、15分くらい
山道を昇り、到着した。

帰りは散歩がてら山道を徒歩で降り、
LRTの青山村駅から帰った。

途中、10数匹の野良犬に遭遇したり、
線香を持ちながら、青山禅寺の
方向に礼をしてから、体を地べたにつけて、
また起き上がり、礼を繰り返しながら
進む女性をみたりした。
この参拝のしかたは、香港のランタオ島
にあるハート・スートラ(Wisdom Path)
へいく途中でも見かけたことがある。

dd11


dd12


dd13


dd15


dd6


dd5


dd1


dd17


dd8


dd9


ディレクターズカット 燃えよドラゴン(初回限定生産) [DVD]
dragon3

スマイルKK

趣味:マニアック且つ良い意味でクレイジーに生きた人物を探すこと!

*写真は「燃えよドラゴン」のロケ地である香港・青山寺にて撮影。
有名な「Don't think. Feel!」(あれこれ考えるな。感じとれ!)
のセリフを残した場所。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。